出産後 生理

出産後のからだ…生理のおはなし

MENU

産後のお母さんと月経

 おっぱいをあげていると生理はこないといわれていますが、お母さんのからだの仕組はどのようになっているのでしょうか。2人目の赤ちゃんがすぐほしい人、すぐには考えていない人にとっても生理の再開は大切なおはなしといえます。

 

 

 

おっぱいをあげていると生理が再開しにくいわけ

 女性のからだは出産すると、おっぱいが作られるはたらきを促進するホルモン(乳汁分泌ホルモン)が増加します。乳汁分泌ホルモンが増えた状態だと、排卵が起こりにくくなるため、授乳中は生理が再開しにくくなります。
 ただし必ず排卵が起きなくなるわけではないので、授乳中でも生理がくることもあります。2人目をすぐには考えていない夫婦であれば、授乳中でも避妊をするのがいいでしょう。

 

生理再開のタイミング

 一般的には断乳をして3か月ほどで月経周期が回復するといわれています。乳汁分泌ホルモンは、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで分泌量が増加するので、授乳をやめるまでは分泌され続けるためです。
 なかには、生理が再開したものの授乳を続けているとまた止まってしまった。というケースもあります。

 

 断乳してから半年たっても生理が再開されなければ、病院で相談してみるようにしましょう。

 

 

 

出産後は生理痛が軽くなる?

 一般的に出産後は妊娠前にくらべて、生理痛が軽くなるといわれています。出産後はじめての生理のときは、出血量が多くなったり、いつもより強い痛みを感じることもありますが、月経を繰り返していくうちに症状は軽くなっていきます。 
 ただし、育児のために睡眠不足だったり疲労がたまっていると、生理の症状もなかなか回復しないことがあります。もし妊娠前よりも生理痛がひどくなったと感じたら、休養をこまめに取ってお母さんのからだを休ませてあげましょう。

 

 出血量が多かったり、出血する時期が長かったりする場合は、子宮筋腫や子宮内膜症が原因となっていることも考えられます。症状が回復しなかったり、おかしいなと感じたら病院で検査してもらうのがいいでしょう。

 

出血量の目安

 いつも夜用・多い日用のナプキンを使用しなければいけない状態は、出血量が多いといわれる目安とすることができます。また、出血量が多くなると血の塊ができやすくなるので、目安としてください。

 

 

おりものについて

 出産後におりものが多くなったと感じることがあります。おりものがあること自体はまったく異常なことではありませんが、出血が混じっていたり、かゆみ・痛み・悪臭などの症状がある場合は病院で相談してみましょう。ただしこのような症状があるときでも、異常がないこともあります。

 

葉酸サプリ貧血

 

 

 

更新履歴